もう虫の声

今年も早いもので、虫の声が聞こえる季節を迎える時期になりました。しかし、東北地方大地震、それに、台風による洪水での大災害、原発は未だ終息の見込みなく、痛ましいことが連続して起きています。これほど、自然の猛威があいついで起こったのも、私自身65年生きてきて、経験しない出来事です。しかし、自然災害なのか人災なのか、その両者なのか?それにしても、人間にはどうにもならないことがあるということを、まざまざと見せ付けられ、人間の傲慢さを、改めるように、宇宙をつかさどるリズムを犯すなとの警告のようにも感じる。世界の情勢も、混沌としています、経済も、各国の紛争も、世界はどこに向っているのか?何はともあれ、人々が明るく楽しく、仲良くすることが、最良の人間の生きる道ではないでしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック