自然

台風18号は各地に被害をもたらして日本列島を縦断して北海道を過ぎ去っていくようでございます、何人かに死亡者が出たことが残念ですし、倒壊した家もかなりありましたねえ、自然の力ほど恐ろしいものはありませんね、遅くに朝起きて、外を見ると風が木々を揺らしていますが、雨は降っていなく、空は台風一過の澄んだ青空が広がって、風がよけいな空気の汚れまで飛ばしたように、爽やかな風が吹いていますね。                                                 昼ごはんを食べてから久し振りに、公園まで散歩に出ましたんですがね、汗が出るほど気温が上がっていて、台風が南の暖かな空気を運んできてくれたのでしょうね、まるで夏が戻ったような感じでございます、公園に入ると昨夜来からの猛烈な風のせいでしょうねえ、細かい枝が強風にあおられて、折れた細い木々があちこちにちらばっています、さすがに公園はまだ人はあまりいません閑散としていますねえ、鳥の鳴く声がやたらと静かな公園に響き渡ります、鳥も嬉しいのでございましょうね、暖かく久し振りの天気になっ為ったことがねえ。                                                                               紅葉しかかった葉もこの暖かさで緑色に戻るのではないかと思えるほどでございます、昨日から娘も戻ってきたのですがね、日頃の疲れが出ているのか、まだ寝ていますね、お腹に子を宿し、まだ付き合って半年足らずで、主婦になって、毎日、旦那のご飯やら支度を手伝ったりして為れないことをしてきたもんだから、久し振りに家に帰ってきてゆっくり寝たいのでしょう、今まで上げ膳据え膳で、家にいるときは何もせずにいたもんですから、今になって、毎日料理をするのが如何に大変かわかったようでございます。                                                      娘が役所に用があったので、来るまで乗せて、行ってやりましたがねえ、車が渋滞していてどこかで事故でもあったのでしょうかね、道路にも木の枝やら何やらが何処からか飛んで来たのか、それがもとの渋滞なのわかりませんがねえ、様々に被害に合われている方がたは大変な思いをされているのでしょうねえ。                                                     この困難に負けないで、心強くして、新たな出発をしてもらいたいものでございます。                                                  「自然とは 非情なところあり 地獄の様相作るなり しかしまた 恵みをもたらすなり 生きる力を与えるなり どちらも自然は 人に試練と幸いを およぼすなり 非情も幸いも 人を向上させる糧として 苦しい時も幸いの時も 苦も楽も心動かされず 人を善えと向かわせる 励ましに 自然と調和する 生き方が出来るのでは ないでしょうかねえ」                                                                       テレビをつけると、お笑いタレントがふざけ半分の番組をやっていて、何がおかしいのかちっとも分かりませんねえ、かたほうでは各地の被害はますます増えきてい苦しんでいる人がいるのですがねえ、テレビは一面残酷でございますね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック