ついでに

ついでに、用足しを銀行に朝方、子供をバス停ませ送っていった帰り、その頃はそんなにも寒さも感じられなかったのでございますがね、空は久方ぶりに青い空でございます、真綿のような白い雲がところどころ浮かんでいます。                                                                  風もそんなにありませんでした、銀行に行くと9時少し前でしたが、並ぶほどではなかったのですが、次から次えとひっきりなしにきます。土日に行楽でお金を使ったのでしょうかねえ、いつもの月曜日と違っていましたねえ、ATMのところには振り込め詐欺の注意書きがありましてね、職員の皆さんも注意して見張っているようでございます。                                                                やな世の中になったものでございます。大手を振って悪事を働いている人が要るんでございますから。家に帰って、朝飯に昨日の残りのご飯を、「おかゆ」にして、鰹節に醤油、それと海苔で、食べましてね、最近公園に行っていないので、久しぶりに公園まで散歩に出たんでございますが、先ほどまでそんなに寒さも感じなかったのですが、空気がやけに冷たく感じられましてね、暖房のいい服に着替えて、花粉もおおく飛んでいるでしょうから、マスクは欠かせません。                                                                      公園に入っていつものように泥道のあるほうを歩いて、レンガみたいな物が敷いてあるほうは歩かないようにしているのですが、ここのところの天候のせいか道の土がかなり水を含んでいるようで、湿っぽいので運動靴に土がつくようで、汚れてしまうが芝草の上を歩いていれば取れるだろうと、そこからよけて、子供の遊び場の滑り台とか砂場のあるほうに行って見ると、2~3人のお子さんがいるだけで、静かなものでございます。                                            草芝の大広場は相変わらず子犬の散歩をさせている人が、5~6人いて、その周りの道沿いに置いてあるベンチには、高齢者の方が散歩に来てご夫婦で仲良く座って、空を見上げながら何か話している、その先の正面に「かわず桜」が3本植えてあって、2~3日こなうちに、花の数と同じぐらいに、若草色の葉っぱとピンクに咲いている花びらと混ざって、一層情感がわいてきます。桜が咲いている道の反対側に、黄色い花をつけているものがあり、「蝋梅の花」がいまだに咲いているのかと、近づいてみると、「山椒の木の花」でございました、遠くから見ると、梅の花ぐらいの大きさの花が枝に賑やかに付いていて葉はまだやはり出ていないで、細い枝に小さい黄色い花が取り付いて、とても可愛らしく、あの辛い山椒の実の花とは思えない可愛い可愛い黄色い、優しさを感じさせる花でございます。                                                                一つ一つの花を見ると、小さい粒のような物が重なって、1センチぐらいの大きさの黄色い花になっているのでございます。「山椒の木」がこんな頃に花を付けるのかと、初めて知りましたねえ、調べてみると、山椒の木は「実」をつける木と「実」をつけない木があるそうでございます。  そうこうしている間に、なにやら北風がかなり冷たくなってきて、体が歩いているのに暖かくなりません。かなり冷えてきたのでございます。早々に引き上げて帰ってきました。                                                           何せ天気予報では明日は関東地方に雪が降るとか、天気がいいのは今週は今日ぐらいで、明日から天候は荒れて寒さも厳しく、雪が降るかもしれないとのことですからね、今も外から、風がだいぶ吹いてきたようで、うなり声を上げて、「ゴーゴー」と間断なく風の音が聞こえてきます。                                                            明日はひな祭りの節句と言うのに、思うように行かないのが人生、また思うように言ったら人間堕落しかねませんから、試練や困難が人を育てる元でしょうから、それを逃れて楽なほうに楽なほうにと行こうとするともっと苦しいことがまっているのでございますから。 試練や困難こそ自分を善の心へと向上させる心の栄養源だととらえて、負けない心で一日一日を歩んでいきやんす。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック