アクセスカウンタ

さまざまいろいろ

プロフィール

ブログ名
さまざまいろいろ
ブログ紹介
大河ドラマ「江」。江の最後の言葉は、「自分のありのままに生きる」。という、人にはそれぞれ持ち味がある、だれも同じ顔の人がいないように、自分の持ち味を知ること、人間生きていくことの意味は、自分を知ること。そこに鍵があるのではないでしょうかね。いま、「平清盛」ドラマかされています。日本の武士の原点がそこにあるのですね。時代の変革期はいつも現状の閉塞感を打開する力から起きているようです。現代も世界中がすべてにおいて閉塞感が蔓延しています。新しい時代を開く時が来ているような気がします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
太陽燦々未来の子
太陽燦々未来の子 晴天にしてくれました、未来の希望の子供の純粋な心がそうさせたのでしょうか、心の美しさ、良き心、善なる心は、環境をも変えるこれは真実、心理であると思う。悪逆の心に晴天は生まれない。環境をも悪化させる。悪臭と乱れた人間がはびこる。枯た木々には新緑は生まれない。新緑は純朴な木々に生い茂り。鳥を喜ばせる。鳥の鳴き声がうれしそうにあたり一面を明るくしている。人類が生きる地球を善なる心で、明るくしていこうではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/05 14:49
春つげる
春つげる ここ関東は、日中とても、温かく、空は雲一つない、澄んだ青い空、この空は、シリアの国も照らしているのであろうか、たとえ空は青く澄んでいても、その下で暮らす人々の心は、恐怖の雲に覆われているに違いない。同じ地球に住む人間同士が憎しみ合うことなど愚かなことである。一握りの独裁者によって、罪のない子供らや母親が殺戮されているのである。六千人以上の人がアサド大統領率いる軍隊に殺されているのである。なんとおぞましいことか。二十一世紀に入り人も平和に暮らせるように望んでいるのに。また二十世紀の戦争をクルリ返す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/21 16:24
寒紅梅
寒紅梅 日本海側の大雪はいまだ衰えず、各地で被害を出しています。雪で楽しむ人もいれば、雪で命を落とす人もいます。これが現実誰もが等しく現実を見つめ生きることが宿命である、現実を離れて、どこかに何の苦労もなく生きられる場所などはるはずはない。であれば、その苦労と厳しい現実に打ち勝つ生き方をひた人が人生の勝利者である。生き生きとどんな苦難も乗り越える生命力それを身に着けることである。それは極善の行動の中にある。厳春の寒さを乗り越え、咲く紅梅も、身心を励ましてくれている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/09 15:51
希望
希望 希望には夢があり、未来がある、しかし、希望も自己の欲望や、権力欲、独裁欲に支配されたものは、希望とは言わない。蛮欲であり、未来も、夢も欺瞞に支配されたものである。希望は正義である、その中に、真の幸福はあるのではないのでしょうか。正義とは、正しく生きることである、人としての正しき道である。その究極は、献身的に人を励まし生きる力を与えるものである。しかるに昨今の、世相はどうか、マスコミも政治も、人間としての正しき道を導いているのか、どうもそんなものはどこかに行ってしまったようである。どこに忘れてきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/05 22:07
今年の問題
なんと残酷な出来事でしょう。二万人近い人が一度に津波によってなくなってしまった。東北大震災3・11これが現実、自然の摂理といってしまえばすむことなのでしょうか。一人の人生であっても、偉大なる人生、それが一瞬にして、多くの人の人生を踏みにじってしまった。誰のせいにもできないもどかしさ。いや、そうではない、すべてに意味があるのがこの世で起きている。人間に何か大切なものを忘れていることを、一人一人が、考えることだ、人の生き方を?何が善で、何が邪、何が正義で、何が悪かを問い直すことではないか。現代ほど人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/31 09:38
円高
なぜ円が高いのか、といったことがよく取り上げられ、報道されたりしています。しかしよく考えてください、円が高いとゆうよりも、ドルやユーロの信認が揺らいでいるのが原因です。それはドル通貨の破たんするかもしれないという不安心理がドル安を招き、欧州のユーロ圏では、ギリシャを発端にユーロ圏の経済や金融が不安定になり、それによって、円が買われているので円高になっているのですが、しかし、円がとても本来高くなる要素は一つもないのです、あるとすれば、国民の預金資産が1500兆円あるとされていることや、日銀が国債を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 12:33
ひだまり
ひだまり 今日は、小春日和といった感じで、陽だまりはポカポカあたたかい、何となく体にもよさそうな日差しでございます。公園にもひさかたぶりに人が多くあちこちで、シートを敷いて、家族で日向ぼっこをしたり、サッカーボールをけって遊んだり、ほのぼのとした風景がそちこちで見受けられ、のどかな光景でございます。地球全体がこんなのどけく、人の気持ちまで優しくするような、そんな日々であったらと思います。しかし、日本海側では寒波がきていて、雪が降り積もっているとのことですから、こんなのんきなことを書いたら、何を言っているん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 14:08
はやばや
はやばや 午前中にここ東京でも雪が降りました。小雪がちらちらおちてきました。なんとなく寂しさを紛らわすかのように、にぎやかにさらさらと舞い落ちています。北国の東北や、北海道ではそんなのんびりと優雅に雪を見るどころではないでしょうにね。ことらではたまにしか見られない、特に東京では昨今雪が降らなくなりました。こんなに早く雪が降るのは珍しいことです。なんだか今年はいつもの年と違います、自然をくるはせてしまった人間。そのしっぺ返しが起こってきたのでしょうかね ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/09 20:21
人間
今年も早師走になってしまいました、激動の年といっていいでしょうね。千年に一度という、東日本大震災、いまだ復興のめど立たず。世界に目を転じれば、どの国も、金融市場が破たんをするのではないかといった。世界大恐慌の恐れが出てきたことですね。政治の混乱も先の見えない暗いトンネルの中を走っているようです。希望の持てない時代。どう生きればよいのか、迷いのなかにはいりこんでしまった。人類の混迷。新しき時代を迎えることができるか、それは、新しい哲学が今最も必要としているのでしょう。原点に返って、人間は何のために... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/06 10:39
人類
北海道は大荒れの模様、吹雪、震災の地、東北も容赦なく寒波。一月ごろの厳しい寒さと気象庁ではいっている。今年は最後まで、自然の猛威にさらされ、人類の行動の過ちをいさめるかのように、これでもかと、襲いかかってくる。人間はそれをどうくいとめるのか。それを解決するのは、人種を超え、国家を超え、人間が皆一つになり、仲よくすることである。そうすればすべては解決する。こんな簡単なことが、人類誕生以来、いまだに実現したことがない。争いの歴史を繰り返している。愚かなことである。難しくはない。隣同士、家族同士みんな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/03 21:43
寒雨
寒雨しとしと、空は黒雲うすぐらい、世相を反映しているようでございます。 人の心は、天をも自然界も宇宙も、動かすのかもしれません。人の心の一念とはどれほどの力があるのか、それは誰もわからない。現実は世界は混とんとしていることは紛れもない事実。人の心も、混とんとして、怠惰に陥っている、忍耐も努力も忘れて、安易な考えに陥っている。環境も人の心と一体である、という考えは自然だと思います。ならば人の心が優しく思いやりある心になって。互いに励ましあい、世界が一つになって、善良な心で助け合っていけば。天も自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 11:12
今年も
早いものです、今年は様々なことが起きました、千年に一度という最大規模の東日本大震災、いまだ四千人以上の方が行方不明、それに加えて、福島原発の放射能漏れそれによって、避難生活余儀なくされ多方々、いまだに自宅に戻れず、避難生活、被災者の方々のことを思うと、胸が締め付けられるようでございます。今までの生活はもう戻ることはないのですから、時間が過去に戻ることができたら、どんなに人生が悔やまれることが少なくなるか。しかし、現実は厳しいものです。生きている以上どんなことがあっても、自分自身に負けないで生きる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/29 16:57
もう虫の声
今年も早いもので、虫の声が聞こえる季節を迎える時期になりました。しかし、東北地方大地震、それに、台風による洪水での大災害、原発は未だ終息の見込みなく、痛ましいことが連続して起きています。これほど、自然の猛威があいついで起こったのも、私自身65年生きてきて、経験しない出来事です。しかし、自然災害なのか人災なのか、その両者なのか?それにしても、人間にはどうにもならないことがあるということを、まざまざと見せ付けられ、人間の傲慢さを、改めるように、宇宙をつかさどるリズムを犯すなとの警告のようにも感じる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/08 22:13
人間
朝から、冷たい小雨がしとしと降っている、2〜3日前に7月中旬並みの30度ぐらいの気温になって、今年も熱くなるのかと、思っていたら、昨日は気温が20度に行かなく4月半ばくらいの気温だそうでございます。温度差が10度以上もちがってくるのですからおどろきです。北海道では昨日雪が降った所があったとか、自然は自然にはあらず、最近は人間の手によって自然を狂わしているのではないかと思われる気候になっているような気がしますね。23日の中南米のミズリー州のジョプリンで巨大竜巻によって116人の死者がでたとか、アイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/24 13:26
花の心
様々な花が、街路樹や、公園、各家庭で咲き乱れています。一年のうちで今が一番華やかな季節かもしれません、ふだんの生活の、様々な事柄も、可愛く咲いている花を見ると。これほど心安らかになることはありませんね。特に、今さかんに咲いている、カキツバタはなんとも言えない心の癒しになります。人の心を変革し、優しい気持ちにさせることは、至難のわざですが、それを自然な中で、行っている、花は、心の太陽なのかもしれません。人間も心に太陽を輝かせながら、人の心を明るくできることができたら、世の中もっと明るくなると思うの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/16 12:41
大震災
千年に一度の災害、とても人間にはどうすることもできない、自然の驚異です。このことは、人間に地球の中で生きている、動植物の生命体と一体の連鎖によって生かされていることを思い知らされたことです。人間が何もかもこの地球を思いのままに、変えて人間の都合の良いように、他の生命体を犠牲にしながら、人間だけが便利に豊かに生きようと、としても、そうはいかないものです。人間のほかの動植物と同じに、この宇宙をつかさどる、運行の法則にしたがって生きていくことが、人間を豊かにしていくことではないでしょうかねえ。科学技術... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 09:43
もう2月ちらちら小雪
からからの乾燥で、インフルエンザが流行したり、鳥インフルエンザで宮崎県がまた被害を出したり、霧島連山の新燃岳が噴火して、その灰が積もり、土石流となって被害が出る恐れが出てきたり。そうかと思えば、各地で大雪により、屋根の雪下ろしで、転落して、死亡する方が出たり、ここ関東も昨日と今日小雪がちらちら舞って、風情があるといいたいところですがね、こんな時にそんな気持ちにもなれない昨今の情勢です。世界を見ればどの国も問題を抱えて、にっちもさっちも行かないであえいでいるといった感じですね。エジプト情勢もムバラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 17:27
初夢
初夢 頭の中でなにぐるぐると考えている、それが眠っていて、意識して考えているというよりも、起きていて、何かと格闘しているみたいで、それに勝つためにどうしたらいいかを考えているようなそんな夢である。気が付いてみたら夢であるのですがねえ、なんとも初夢にしては、味気ない夢でございます。もっと楽しい夢でも見ていたら今日も楽しい一日になったでしょうにね。今朝は妻も仕事で、いない朝起きるのが遅くなって、9時を過ぎてからのこのことおきだして、何せ布団から出るのがおっくうになるぐらいに冷え冷えとしているものですから、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/02 18:34
はればれ
北たは北海道から南は九州に掛けて寒波とともに大雪とか。なんを免れたといいますか、こちら東京は朝から晴天日本晴れ。何か申し訳ないような気さえする気持ちです。とかく人は、住む場所や、勤める会社、もっと大まかに言えば、住む国によっても、人生に大きな差がありますね。此れは生まれた場所がそうなのですから、自分のせいではないといってしまえば、簡単ですがねえ、しかし、どうして、そこに生まれたか、どうして今の両親から生まれてきたのか、それを解き明かそうとしても、解けるものではないですね。誰かに聞いても、答えはわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/01 23:37
散歩
燦燦と降りそそぐ、陽光がガラス窓を通して部屋を明るくしている。気持ちの良い暖かさである、エアコンの暖房や石油ストーブの暖かさなどとは比べ物にならない、太陽の陽射しの暖かさは、心まで豊かにするようでもあり、精神的にも気持ちが落ち着いてゆとりが出来たような気がするのである。太陽には人間に欠かせないさまざまなものを与えてくれている。それは当たり前といってしまえばその通り、人間太陽がなければ生きていけないのですからね、しかし、ただそれだけですかせられない、人間と太陽はもっと言い知れぬ深い因果があるように... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/26 14:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

さまざまいろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる